近視は本来病気のひとつなのですが、あまりにも身近なことであるので、そんな認識を持つ人は少ないでしょう。 近視とは簡単に言うと遠くのものがはっきりと見えない状態をいいます。

眼球の中の焦点が網膜上からずれているのです。 人の目とは遠くを見る時、そして近くを見る時で、自然に角膜の厚みを調節します。 これによりピントが合うわけですが、近視という状態は、その調節機能がうまく働かない状態を指します。

このため、近視の人はメガネやコンタクトレンズを使用して、目に入ってくる光の屈折率を変えピントを合わせるのです。

現在近視の治療と言えば、このメガネとコンタクトレンズの使用と手術が一般的です。 メガネやコンタクトは馴染みがありますが、手術はまだまだ件数が少ないのが現状です。目にメスを入れることはとても不安です。 手術は

角膜を削ることをするわけですから、心配するのも無理はありません。手術も100%成功するとは限りません。 日本に於いて手術が認知されるまでには、まだまだ時間が必要でしょう。

視力と年齢の関係

視力は実は年齢に大変密接に関わります。 一般的には20歳までは視力は安定しません。目を酷使することで、一時的に視力が落ちることもあれば また回復もするのです。最近は10代、20代の若い人はパソコンを使いう機会が多いですし、テレビゲームなどもする時が多いこともあって、 視力が落ちている傾向にあるようです。しかし視力は30歳くらいになると落ち着いてきます。

このころに近視であるならば、その後も近視の状態が続いていくことになります。その時にこそ治療法としてレーシック手術が行われます。

レーザーで角膜の屈折率を正常に戻す手術です。 この手術であっという間に近視は改善するのです。 手術以外ではやはりメガネやコンタクトで対処することになります。 さて40代後半になると、今度は老眼になってきます。 老眼とは老化の一種です。 このように視力は年齢により状態が変化するものなのです。

近視の原因

近視の人は多いのですが一体何が原因なのでしょうか。 一般的に言われているのはテレビの見過ぎ、パソコンのし過ぎ、ゲームのし過ぎが 原因と考えられています。遺伝的な原因もありますが、環境要因が一番大きな原因でしょう。

視力がまだ不安定な10代の環境が特に影響を与えるようです。その後もしばらく視力は安定せず、30代くらいになり安定するのです。

ですから、近視対策とするならば、子供が小さい時に特に目の酷使を避けるように習慣つけることが大切です。 また、目を使った後に、しっかりと疲労を取ることも重要でしょう。 近視は環境が作ります。目に良い生活習慣を心掛けたいものですね。

≫老眼の治療について

サービス会社で比較する