近視治療について

子供はまだまだ年齢的に視力が安定しません。

ですからこの時期に目を酷使したり疲れ目を習慣にするようだと近視が進むことになります。
現代の子供はゲームやパソコン、テレビなどで目を使う機会が多く視力を落とすケースが多いようです。
また、遺伝的に近視になるケースもあり、この場合は極度の近視になってしまうことが多いようです。
子供の近視に対する対処法としては、点眼薬で眼精疲労をとったり、メガネやコンタクトをすることしうか、今はありません。
レーシックと呼ばれるレーザーを使った角膜の手術は近視治療として最近はかなり普及してきていますが、これは子供には向きません。
視力が安定していない年齢で、この手術をしても大人になって再び近視になる可能性があるからです。
また
レーシック治療は2度の手術を行うことは なかなか無理があるようです。この手術は
角膜を削ることをするわけですから、
それなりに角膜に厚みが必要です。それを2度行うには厚みが足りないということです。レーシック手術は大人になってからしか行えません。
ですから子供のうちは、やはり近視にならない習慣をなるべくすることが大切なんです。


近視の治療方法には何があるでしょうか

外国人が描く日本人は往々にしてメガネを掛けているものです。それほどに日本人にとりメガネは身近なものなのでしょうか。
近視の場合、多くの方がメガネを掛けます。コンタクトを使用する方も増えていますが、、、。この2つが近視に対するさしあたっての対処法でしょう。
しかし、最近普及してきたのがレーシック手術です。手術で近視を治す方法です。成功率は100%ではありません。
そこに未だに完全な信頼が持てない部分があるのが課題と言えます。角膜にメスを入れたくない、と思うかたには、視力回復トレーニングもあります。
これも眼科医のなかではまだまだ実証されているわけではありませんが、トレーニングで視力を回復できれば嬉しいことですね。
メガネをかける煩わしさがいやなかたは、今現在では手術もしくは視力回復トレーニングの2つの方法を選ぶことになるのです。

サービス会社で比較する