近視治療について

最近は手術という方法が出てきました。

近視になると、今まではメガネかコンタクトレンズをすること以外に対処する方法はありませんでした。しかし、最近は手術という方法が出てきました。
これはレーザーで角膜を削る治療で、レーシック手術と言います。レーシック手術には、アメリカで盛んに行われている手術です。
NASAが認めているアイレーシックが有名で、他にイントラレーシックなど種類はありますが、基本的には同じと言えます。
アメリカではこの手術は盛んに行われていますが、日本ではそれほど普及していないのが実情です。なぜでしょうか。
やはり手術への不安があるようです。レーシック手術は100%成功する手術ではありません。もし、失敗すると失明する可能性もあります。
また、術後に後遺症が出てくることもあるようです。後遺症として、近視の再発、角膜の濁りなどが挙げられています。
後遺症や、手術内容などを考えてしまうと一般の人はやはり躊躇ってしまいますね。
もし、それでも手術をするという人は眼科医からのアドバイスを受けることをお勧めします。それもできれば複数の眼科医の意見を聞くといいでしょう。
そして、手術前に、しっかりとした検査を行いましょう。手術に対して適しているのかどうか、とても大切なことです。
そして、手術をする場合にはできるだけ評判の良い眼科医を選ぶことも重要です。
今現在は視力をどうしても正常にする必要性があるスポーツ選手や芸能人にはかなり普及しているといったところです。
今後この手術が日本で一般の人に普及していくかは、未知数でしょう。まだまだ日本では歴史が浅く、経験豊富な眼科医が少ないですし、
臨床数も少ないので 信頼性がそれほど高くないのが現状です。そして手術の費用も高く、保険が適用外ということもネックです。
それでもメガネやコンタクトをする煩わしさが厭な方は、このレーシック手術を受けるこを前向きに考えてみてもいいでしょう。


近視と老眼の違いと対処法


一般に近視の人は老眼になりにくいと言われています。これ、
実は勘違いによるもので、けしてそんなことはないようです。

老眼は老化現象のひとつであり、近視はその人の生活習慣などで身についてしまった症状と言えます。
老眼は近くがぼやけるものですが、近視の人はこの視界がぼやけることに慣れがあるので、老眼に気づくのが遅いようです。
それを近視の人は老眼になりにくい、と勘違いしているのです。近視に対しては最近ではレーシック手術が普及してきています。
手術で近視が簡単に治るのです。しかし、老眼の場合は自然現象であり、これを治す方法は今のところありません。
老化現象をストップすることは不可能です。遅らせることを試みるしかないでしょう。将来的に近視のレーシック手術のようなものが
老眼にも開発されることがあるといいのですが。今現在はやはり老眼鏡での対処をするしかないのが現状です。

サービス会社で比較する