近視治療について

メガネをするか、それともコンタクトレンズにするのか。

日本人の3分の1がなんと近視と言われています。そして外国では、メガネをかけているのが日本人というイメージを持たれているようです。
近視になるとメガネをするか、それともコンタクトレンズにするのか。選択します。メガネはオシャレの一部と捉え好んでつけている人がいます。
また、逆にメガネをかけていることがいやな人もいますね。そんな人はコンタクトを選択しています。コンタクトは眼球につけますから、
一度装着すると、つけていることを忘れてしまうくらい自然になるようです。外見も裸眼と変わりませんから、コンプレックスを感じることもありません。
そこがコンタクトが使われる大きな理由でしょう。しかし、いくら便利なコンタクトでもデメリットがあります。
やはり、長い時間装着したままだと、痛みや違和感がでてきます。それは目が乾いてしまうからなんです。俗にいうドライアイの状態です。
ですから、寝る前にはコンタクトははずします。目には裸眼の状態でいる時間も必要です。そうなるとコンタクトだけでなくメガネも持っている必要があります。
こうしてみると、便利なコンタクトであってもやはり不便さ、煩わしさを感じてしまいます。
そこで、最近は手術で、近視を治したいと思う人が増え、徐々に普及してきているのです。しかし、まだ
この手術、歴史は10年ほどと浅く、不安もありまだまだ一般的ではありません。費用やその他リスクを踏まえて手術をすることはないのではないか。
そう思う人がまだまだ多いのが現状です。メガネかコンタクトでも慣れるとそんなに不自由はしません。
危険を冒すことなく、今しばらくは、手術よりメガネかコンタクトを選択するのが良いのではないでしょうか。

サービス会社で比較する