近視治療について

費用の面から考えてみる

近視の場合、メガネにするのか、コンタクトレンズにするのか。それとも最近話題の治療法、レーシック手術にするのか、迷うところです。
そこで、費用の面から考えてみることにします。まずはコンタクトレンズですが、一般に普及したことで、価格がかなり下がりました。
また、最近では使い捨てのコンタクトすらあります。価格は安価ですが、付属品にお金が掛かりますし、買い替えも頻繁ですので、一概に
費用が掛からないとは言えません。メガネも今はとても安いチェーン店があちこちにあり、3000円未満で購入することも可能です。
それも安かろう悪かろうではなく、そこそこしっかりとしたメガネが手に入ります。メガネの場合には、このような安価なものから、
ブランドものの高価なものまで、いろんな種類が売られています。人の目につくものですから、高価で良いものを選ぶという方も多いようです。
またメガネも、何年かしたら買い替えも必要になってくるでしょうから、そこで費用もかかります。このことも前もって踏まえておきましょう。
最後にレーシック手術ですが、一頃は片目50万と言われた時代がありました。しかし、徐々に手術ができる医師が増えるとともに、
掛かる費用も下がり、今ではおおよそ10万円から30万円といったところが相場となっています。この相場でもお金に幅があるのは、
保険適用外の治療になるので、手術にかかるお金は各々の医師が決めているからなのです。手術内容も基本的には同じレーザーを使う手術ですが、
その他の細かな事は医師により違います。ですから、手術を希望する人は、手術の前に一度手術を受ける病院で、詳しいカウンセリングを受けましょう。
そこで、費用、手術の説明、自分の目が手術に適合するのか、などを事前に確認することが大切です。
このようにコンタクト、メガネ、手術それぞれ相場はありますが実は選ぶもの、選ぶ病院により費用は様々です。
どどれを選択するかは費用面だけでなく、その他いろんな条件も加味して、メリット、デメリットをよく検討した上で決めるといいでしょう。


近視の治療レーシック手術とは

近視になると、今まではメガネかコンタクトレンズを使用して近視はそのままで、日常生活を普通に送れるように対処するしか方法がありませんでした。
これは近視を根本的に治すのではなく、何の改善策にもなっていませんね。しかし最近は治療ができるようになったのです。
レーシック手術という治療方法です。これはレーザーで角膜を薄く削る手術です。これにより角膜の屈折率を変えることができ、ずっとコンタクトレンズ
をしようしているような効果、つまりは正常な視力が得られるのです。この手術、まだ歴史はそんなに古くありません。ですから、まだまだ一般的に
普及しているわけではありません。手術をする場合はやはり手術の回数をこなしている、有名な医師のもとで行いたいものです。
角膜にメスを入れるわけですから怖いものです。
全くリスクがないわけではありまあせん。ですから実績のある病院、医師を探して手術をしましょう。
眼科医によってはレーシック手術はする必要はないと言う方もいます。外科的手術はせず、コンタクトやメガネにしなさい、という眼科医たちがいるのです。
そんな中でも、仕事柄眼鏡等の使用が大変マイナスになるという方が手術を積極的に受けるようです。
この手術、
二十歳以上から対象になります。視力が落ち着いてからでないと、手術をしても再び近視になる可能性があるからです。
また高齢者は老眼となりますが、手術は近視の部分だけになります。老眼になるとやはり老眼鏡をかける必要性がでてきます。

ですから、もしメガネをかける煩わしさだけのために手術を受ける人は、お勧めしません。
たとえ近視が治ってメガネが必要なくなっても歳をとると老眼のためにメガネを必要とすることになるでしょう。
それは覚悟しておいた方がいいですよ。費用は保険対象外で
20万円ぐらいです。
病院により費用は違いますから複数の病院を調べて手術をするところを決めるといいでしょう。



サービス会社で比較する