近視治療について

疲れ目と近視、肩こりと近視の関係

テレビやパソコンなどで、長時間目を使っていると目が疲れてきます。これは目の筋肉が疲れている状態なのです。
焦点を合わせて、同じ距離を保つ、特に近距離を見つめていることを長時間続けると、疲れ目になり、遠くを見たときにぼやけてしまうのです。

この場合にはしばらく目を休ませることが必要です。そうすることで回復するのですが、この近くを見る機会が増えたり
習慣となってしまっていると、目は、眼精疲労の状態になります。
筋肉が正常に働かなくなるのです。
これが近視の状態なのです。

遠くを見るために水晶体が厚みを変えようとする機能が異常をきたすのです。健康な水晶体は近くを見るとき、そして遠くを見る時、
しっかりと正確に反応して我々はピントがあった視界を保つことができるのです。このように目に悪い生活習慣を改めることが大事になります。
眼精疲労になる前に、目に適度な休憩を入れてあげましょう。
それによって健康な目を保つことができるのです。
また、疲れ目は時に肩こりなどの他の症状を引き起こすこともあるようです。逆に肩こりが目の疲労にも繋がることもあります。


例えばパソコンを長く使っている場合です。
肩が凝ってきませんか。
もちろんこれは同じ姿勢を続けているためですが、実は目の疲れも影響しているのです。


肩こりになる状況とは体の筋肉が緊張しているのです。
その緊張が目への血流を阻害するのです。

ですからパソコンの使い過ぎによる近視とは、単に眼だけのことではなく、肩こりからくる疲労も関係するのです。
パソコンを長時間使う場合には、時々遠くを見るだけでなく、その場を離れ体全体をストレッチするといいのです。
体全体の筋肉をほぐすことで、肩こり、そして眼精疲労を和ら上げることができるのです。
目に良いとされる
ツボやマッサージもありますから、インターネットなどでチェックしてみるといいでしょう。


目薬で近視は治りません

目の酷使しより、目が疲れ、そして眼精疲労を起こします。若年層では特に近視になる前の視力が低下する状態を仮性近視と言っています。
この
仮性近視の治療で目薬を処方されています。目薬を注すと目の緊張が取り除かれて、一時的に視界がはっきりとするのです。

しかし、目薬が近視の治療薬となっているわけではありません。
あくまで一時的な対処療法と言えます。
やはり
仮性近視の原因の生活習慣を改めないといくらどんなもので対処していても、仮性近視から近視へいってしまうでしょう。
眼科医で処方される目薬は近視を根本的に治す薬ではありませんから、処方されたとしても近視にならないと思わないようにすべきです。
現在、近視を治療する方法はレーシック手術だけと言えます。これも年齢制限があり、20歳以上でないと受けることはできません。
角膜が成長過程にある若年で手術を受けたとしても、再び近視になってしまうからです。

こうしてみると、成人するまでは、近視に対する方法は目薬ではなく手術でもなく、近視にならない良い習慣を身に着けることが先決と言えますね。




サービス会社で比較する