近視治療について

近視のためにサプリメント

現代は多くのサプリメントが開発され販売されています。それだけ人々の中で
健康に関心が持たれているということでしょう。
目に良いとされるサプリメントもあります。くれぐれも注意したいのが、それらは近視が治るサプリメントではないということです。
近視が治る!と言う広告があるとしたら、それは薬事法違反になりますし、実際に近視が治ってしまうサプリメント存在しません。

目の働きを助けるサプリメントがあるのです。昔から目に良いとされてきた目薬の木の成分や、ブルーベリーなどを基ににしたサプリメントです。

成分としては、ルテインなどが目に良いとされています。大変評判が良いようですが、これとて近視が治るというものではありません。
しかし、目の環境を健康にするという効果はありそうです。また体の中から目を労わる効果も期待できるようです。
サプリメントは即効性があるものではありませんから、長期的に飲み続けることが大切です。サプリメントは化学薬品ではありませんから、
長く飲み続けることに害があるケースはないと言えます。もしもあなたが、近視に対する即効性が欲しいならばやはりレーシック手術しかありません。
手術の失敗で失明する可能性が皆無ではありませんが、手術に踏み切ることで、簡単に近視から解放されることでしょう。


近視の種類と治療

近視と言っても実は1つの状態を表すものではありません。タイプがあるのです。

屈折性近視、軸性近視、偽近視の3種類に大きく分かれるのです。

症状としては同じで、
近くは見えるが、遠くになるとぼやけて見え難い状態です。
視力というものは、
子どもの時には安定していません。眼球が成長状態にあるからです。
一般的に成長とともに近視の傾向が強くなります。

そして近視の中で治療で改善できるのが屈折性近視のみなのです。この種類の近視は、目の水晶体の屈折率が正常ではない状態です。

メガネやコンタクトレンズを使用して屈折率を矯正することで、正常な視力にできます。レーシック手術も水晶体の屈折率を変えるものです。
屈折性近視の場合にのみ対応できる方法なのです。多くの人の近視が屈折性近視なのですが、中には違う場合がありますから、手術の前には
詳しく検査をする必要があります。



サービス会社で比較する